日本の気候風土にあったパッシブハウスの設計・コンサルを行います。

HOME > ニュース > ドイツ及びスウェーデンにおけるパッシブハウス調査

ドイツ及びスウェーデンにおけるパッシブハウス調査

イーアイ代表堀内と日本パッシブハウスセンターの メンバーは、ドイツ及びスウェーデンにおける パッシブハウス調査とパッシブハウスを 日本において建設するために3月1日から7日までの一週間、 ドイツ及びスウェーデンのパッシブハウス、 プラスエネルギーハウスの調査と意見交換を行ってきた。

3月1日(日) 成田空港を出発した 日本パッシブハウスセンター一行は、夕刻、 フランクフルトに到着した。 フランクフルトのホテルで先に出国していた エネルギーコンサルタントのクーラー・アンドレアさんと 合流し、ドイツとスウェーデンのパッシブハウス調査の旅がスタートした。


ホテルのロビーに集まった参加者

フランクフルトを基点としたドイツ・ヘッセン州

3月2日(月) 早朝、フランクフルト中央駅に集まった一行 8名は ドイツ鉄道(DB)にてダルムシュタッドのパッシブハウス研究所(PHI)に向かった。


フランクフルト中央駅にてダルムシュタッドに向かう一行

パッシブハウス研究所が入所しているビル

ダルムシュタッド駅から歩いてパッシブハウス研究所(PHI )に向かい、 約束の9時に到着した。

  

パッシブハウス研究所(PHI)では、事前に送っていたさい たまプロジェクト及び 札幌プロジェクトの図面を見ながら打ち合わせが行われた。


PHIにて右から建築物理担当のシュニーダスさん、 建築士のトイマーさん、クーラーさん

トイマーさんからレクチャーを受けるメンバー

持参したさいたまプロジェクト、 札幌プロジェクトの図面を基に検証

札幌プロジェクト図面でのディテールチェック

トイマーさんを囲んでの集合写真

パッシブハウス研究所(PHI)における質疑は、予定時間の 17時を過ぎても終わ らず21時近くまで行われた。

3月3日(火) 当初、列車にて訪問の予定であったが、 急遽空港で9人乗りのワゴン車を借りて プロ・クリマ社に向かった。プロ・クリマ社において、 エコ・トランスファー・ジャパン代表の バウマンさんの通訳でイェンスさんから プロ・クリマ製品のプレゼンテーションを受けた。 プロ・クリマ社において、ブロアーテスト施設を 見学、体験した後、パッシブハウスパネル工場、 新築のパッシブハウス調査を行った。

 

プロ・クリマ社でセールスマネージャーのイェンスさんと バウマンさんから製品説明を受ける

プロ・クリマ社のブロアーテスト施設にて

プロ・クリマ社前での集合写真

木質パネル製造会社前での集合写真

木質パネル製造工場内部~ここで パッシブハウス用壁パネルが製造されている

パッシブハウス移動展示ルーム

木質パネル製造会社のパネルで作られたパッシブハウス~ 昨年、同工場で製作中のパネルを見ている
  

3月4日(水) 夕刻、スウェーデンに移動するまでの時間 を利用して、 フランクフルト郊外のパッシブハウス見学、 PCMメーカーBASF社訪問を行った。


ドイツのメーカー アレスコ社の湿式外断熱工法による 連棟式のパッシブテラスハウス

地下1階、地上3階の連棟式のパッシブテラスハウスが 3棟建設されている

車でアウトバーンを走り、マンハイム郊外のBASF社を訪問

BASF社の周辺には、40年以上前に建設された 共同住宅を外断熱改修した3リッターハウスが建ち並んでいる。 2004年に工事中の現場を見ている。

3リッターハウスの壁に掲げられている建物の断面図  一室にはMicronal(PCM)を使用

1リッターハウス

案内していただいたBASF社のシュミットさんを囲んで

朝から、ヘッセン州内を車で駆け巡ったドイツ国内の パッシブ ハウス調査を終えた一 行は、19時40分フランクフルト空港発の飛行機でコペンハ ーゲン空港に向かっ た。

遅い持間にコペンハーゲン空港に到着した一行は列車で宿泊地 マルメに向かった。マ ルメのホテルには、REC-Indovent社のヨーラン社長と通訳の友 子ハンソンさんが 待っていた。

3月5日(木) マルメ市に宿泊した一行は、早朝からマルメ 市郊外のプラス・エネ ルギー・ハウスを見学し、途中、ヘルシンボリ市郊外にあるREC -Indovent社の工場 を見た後に、イエテボリ市のREC-Indovent社に向かった。


Gotaland south地区、Svealand

プラス・エネルギーハウス前で設計者のカーリンさん

建設中のプラス・エネルギーハウス

カーリンさんを囲んでプラスエネルギーハウス前の集合写真

ヘルシンボリ市郊外のREC- Indovent社工場

マルメ市から4時間かけて到着したイエテボリ市ムーンダール 地区にあるREC- Indovent社におけるパッシブハウス用換気システムに関するレクチャー

3月6日(金) 早朝から、1時間かけてイエテボリ北部オ ールストの高齢者向け パッシブハウスの建設現場に向かう。

 
スウェーデンの大手ゼネコン スカンスカ社が建設中の高齢者 向けパッシブハウス団地

建設中の高齢者向けパッシブハウス団地外観

建設中の高齢者向けパッシブハウス団地内部

オールストの高齢者向けパッシブハウスを案内していただいた 、REC- Indovent社のヨーラン社長と別れ、アリングソース市のパッシブハウスセンターとブローゴーデン 地区の市営住宅のパッシブハウス改修後の建物を視察した。


アリングソース市のパッシブハウスセンター

パッシブハウスセンター内部の展示ブース

パッシブハウスに外断熱改修された、築40年以上の市営住宅

アリングソース市とパッシブハウスセンター、ブローゴーデン 地区の市営住宅につい ては、外断熱推進会議サイトをご覧ください。

 

3月7日(土) 帰国の日、ドイツとスウェーデン国内を車で 駆け巡った一週間。メ ンバーは、日本においてパッシブハウスを建設するそれぞれの 思いを胸に秘め帰路に ついた。

3月8日(日) 成田空港 帰国

尚、日本においてパッシブハウスを建設するための ドイツ及びスウェーデンのパッシブハウス検証の旅の 詳細については、日本パッシブハウスセンタースタッフの 今川祐二さんのホームページ ( (株)今川建築設計監理事務所)  に詳しく紹介されています。

投稿者 日本パッシブハウスセンター :2009年5月20日

業務内容

スタッフ

学識スタッフ

シミュレーション・計算

プロジェクト

協力会社

パッケージサービス

組織案内

お問い合わせ・ご相談

rss atom

Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録


supported by ホームページリニューアルセンター