日本の気候風土にあったパッシブハウスの設計・コンサルを行います。

HOME > ニュース/プロジェクト > 第8回 建て方

第8回 建て方

基礎工事が終わり、建て方に入った。現場には、安全旗と(株)建築舎の旗がたなびいている。経験豊富な青森出身の大工さんの手で手際よく2×6の壁が建てられていく。壁のU値は0.14W/㎡Kであるが、外気に面した基礎の断熱はEPS(λ=0.034W/m・K)100ミリのため断熱の弱い部分になる。そこは、内側からスタイロフォームAT(λ=0.028W/m・K)50ミリで補強した。また、土台下には気密部材を入れ調湿気密シート"INTELLO"と連続させる。手馴れた(株)建築舎の現場監督の指示で調湿気密シート"INTELLO"の先貼りが行われる。上棟は、7月中旬になる。8月下旬には、現場見学会を予定している。



P1110857.JPG


現場外観


P1110856.JPG


現場にたなびく、安全旗と(株)建築舎の旗


P1110815.JPG


建てられた1階の壁(2×6)


P1110841.JPG


調湿気密シート"INTELLO"の先貼り


P1110834.JPG


基礎の内側に補強されたスタイロフォームAT(λ=0.028W/m・K)

投稿者 日本パッシブハウスセンター :2010年7月14日

業務内容

スタッフ

学識スタッフ

シミュレーション・計算

プロジェクト

協力会社

パッケージサービス

組織案内

お問い合わせ・ご相談

rss atom

Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録


supported by ホームページリニューアルセンター