日本の気候風土にあったパッシブハウスの設計・コンサルを行います。

HOME > ニュース/プロジェクト > 第9回 気密施工

第9回 気密施工

K'sハウスの1階部分の壁の合板はすべてはり終えた。この時点 で、基礎回り、胴差 部分の気密工事(先張り)が重要になる。


正面ゲートと構造用合板を張り終えたK'sハウス

基礎と土台の間には気密パッキン(レール)を入れ、 防湿シート(INTELLO)との連続性を確保する。


気密パッキン(レール)と連続した防湿シート (INTELLO)

気密パッキン(レール)

基礎断熱と開口部の防湿シート(INTELLO)

1階と2階の胴差部分にも防湿シート(INTELLO) を先張りする。


室内側に見える防湿シート(INTELLO)

2階の壁に連続する防湿シート(INTELLO)先張り

工事は順調に進行している。7月下旬に上棟、8月下旬には見 学会を予定している。

投稿者 日本パッシブハウスセンター :2010年7月27日

業務内容

スタッフ

学識スタッフ

シミュレーション・計算

プロジェクト

協力会社

パッケージサービス

組織案内

お問い合わせ・ご相談

rss atom

Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録


supported by ホームページリニューアルセンター