日本の気候風土にあったパッシブハウスの設計・コンサルを行います。

HOME > ニュース/プロジェクト > 第12回 断熱施工

第12回 断熱施工

うだるような暑さの中 K's House(ジャパン パッシブハウス)の工事が 順調に進行している。 8月7日(土)メンブレンメーカー、 エコ・トランスファー・ジャパンの岩瀬さん、 ドイツ公認パッシブハウス・コンサルタントの クーラー アンドレアさんと施工現場に向かった。 現場では、オーナーのK氏が私たちを待っていてくれた。

工事現場には、「究極の省エネ・エコ住宅」の シートと"「100年長期優良住宅」 ジャパン パッシブハウスプロジェクト"の 看板が付けられていた。


工事現場に張られたシート

仮囲いに貼られた"ジャパン パッシブハウスプロジェクト"の看板

K氏の案内で工事中の室内に入った。 工事が順調にすすんでいる為か職人さん、 帳場さんはお休みだった。 室内側の断熱施工(GW細繊維 24kg)と 気密施工(INTELLO)はほぼ終わっている。 換気装置(インヴェンター)用の ダクトにはパイプ用ガスケット (ローフレックス)が使われている。


高性能GW断熱材と調湿気密シート

パイプ用ガスケット(ローフレックス)

窓周りの気密施工

パッシブハウス・コンサルタントの クーラー・アンドレアさんから、 施工に関するいくつかの指摘を 受けたのちに現場を後にした。


左からK氏、クーラーさん、堀内

尚、8月21日(土)22日(日)に K's Houseの工事現場見学会が開催される。

場所
神奈川県横浜市金沢区西柴2-23-1 (K 邸建設地)
2010 年8 月21 日(土):1日目
12:00~16:00 一般公開
15:00~ プレス発表
①東京大学大学院 坂本雄三教授による趣旨説明②オーナー、スタッフ、関係者ご挨拶 ③気密試験公開 ④質疑応答
2010 年8 月22 日(日) :2日目
10:00~16:00 一般公開
①11:30 パッシブハウス講座 講師 クーラー・アンドレア
②14:30 パッシブハウス講座 講師 クーラー・アンドレア
主催
(株)建築舎、ジャパン・パッシブハウス・プロジェクト
協賛
特定非営利活動法人 外断熱推進会議
※21 日(土)は報道機関向けの記者発表と同席になります。また、坂本教授からの説明があります。

講師紹介:クーラー・アンドレア

クーラー アンドレア ドイツ・公認パッシブハウスコンサルタント

ドイツ・ミュンヘン工科大学で機械工学を学ぶ。 平成6年来日。10年前より寒冷地の八ヶ岳に定住。 この頃から気候と文化に合った家造り、 設備に関し多角的に考えるようになる。 平成17年ドイツの省エネ住宅エネルギー コンサルタント研修に参加。

ドイツ研究機関を介して、日本のハウスメーカーの ドイツハウスプロジェクトの空調システム測定に関与。 平成21年ドイツのパッシブハウスコンサルタント研修に 参加し、パッシブハウスコンサルタントとなる。 ドイツ公認パッシブハウス コンサルタント。

currer.jpg
クーラー・アンドレアさん

投稿者 日本パッシブハウスセンター :2010年8月11日

業務内容

スタッフ

学識スタッフ

シミュレーション・計算

プロジェクト

協力会社

パッケージサービス

組織案内

お問い合わせ・ご相談

rss atom

Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録


supported by ホームページリニューアルセンター