日本の気候風土にあったパッシブハウスの設計・コンサルを行います。

HOME > ニュース/シミュレーション・計算 > PHIUS(米国パッシブハウス研究所) The Klingenbergblog 翻訳資料

PHIUS(米国パッシブハウス研究所) The Klingenbergblog 翻訳資料

PHIUS(米国パッシブハウス研究所) The Klingenbergblog 翻訳資料

 

 Sep17/2013

Klingenblog.jpg

 

The Klingenbergblog (ブログページ)

The Klingenbergblog

 「住宅での消費エネルギーを抑えるプランニングもいいけど、湿気のことも忘れずにね!」

 

As designers build to passive building performance levels, choosing the right assemblies for projects is more challenging than ever. It seems that we have all recognized the importance of modeling the thermal performance of assemblies--we do this in the static side of WUFI Passive or in the PHPP. Thermal properties are, coincidentally, the only values that the static energy model for certification is concerned with. We're asked to enter the R-values of each layer of our envelope assemblies--cellulose, framing, OSB, polyiso, etc. That's it.

 

設計者がパッシブ建築性能レベルで設計する際に、プロジェクトのために適正な組み立てを選択するとはこれまで以上に困難である。我々は皆の組み立ての熱性能をモデル化することの重要性を認識しているようだ、それをWUFI Passiveの静的側面において、もしくはPHPP(パッシブハウス プランニング パッケージ)において行っている。熱的特性は、認証のための静的なエネルギーモデルが関わる値と一致するのです。我々は外皮の構成要素(セルロース、フレーミング、OSB、ポリイソ等)、のそれぞれの層におけるR値を入力するよう求めている。それだけなのです。

 

But when it comes to high performance, multi-layer assemblies, thermal performance is not, by any means, all that PHIUS+ certifiers are concerned with. And it shouldn't be all that designers are concerned with, either. The hygric performance is just as important, if not more. A hygrothermally sound assembly ensures long term thermal performance, as well as durability.

 

しかし、それらが高性能で多層の組み立てになる場合は、熱的性能は、任意の手段によって、PHIUS +認証機関が関係しているすべてのことではありません。そしてまた、全ての設計者が関係していることでもない。湿気性状は同様に重要です。熱湿気に強い組み立てにすると、長期的な熱性能を保障するだけでなく、耐久性をも確保します

 

When PHIUS evaluates a project for PHIUS+ Certification, we look at both the thermal and moisture performance of the envelope. A project may meet passive building performance criteria based on the energy model, but that's not the end of the story. In cases that stray from accepted building science principles, in order to assure performance, quality and durability, the PHIUS+ process requires deeper look at the moisture performance of the assemblies. This assessment is done using WUFI 1D - a program for heat and moisture analysis of building envelope enclosures.

 

PHIUS(米国パッシブハウス研究所) がPHIUS+(パッシブハウス) 認証のためプロジェクトを評価する場合、我々は外皮の熱的そして湿気性状をみます。プロジェクトは、エネルギーモデルに基づくパッシブ建築性能基準を満たしているかもしれませんが、それで終わりではありません。建築科学の原理から外れるケースにおいて、性能、品質、耐久性を保証するために、PHIUS+プロセスは、組み立ての吸湿性能についてより詳細にみます。この評価をWUFI 1D(WUFI Pro)を使って行います

 

The WUFI 1D assessment allows us to analyze if the assembly will perform well, and therefore meet certification requirements, or whether it needs modification. In a small handful of projects, moisture performance alone has prevented a project from being certified. An assembly with poor hygrothermal performance compromises indoor air quality and structural durability, and may cause the buildup of mold and rot which poses health risks. Whether you're certifying a project or not, this tool and assessment is still incredibly important.

 

WUFI 1D(WUFI Pro)での評価のお陰で、建物の組み立てがきちんと機能するのか、そして認証要件を満たしているか、また修正の必要性があるかどうかを分析できるようになる。ごく一握りのプロジェクトおいて、湿気性能のみによってそのプロジェクトが認定されなくなるということがおこりえてきた。熱湿気性状がよくない建物の組み立てが室内空気質や構造的な耐久性危うくし、健康を脅かすカビや腐朽菌の生育を起こしうるのです。認証を受ける受けないにしても、このツールそして評価はいずれにしても重要である。

 

Determining the hygric performance of assemblies becomes even more important when dealing with all North American climate zones--from cold and dry, to hot and humid. No assemblies perform identically in each climate zone. WUFI 1D allows you to model your assembly, and run comparison cases, in a particular climate, based on hourly climate data and conditions.

 

建物の組み立ての湿気性状を決めることは、全ての北米の気候区域、寒くて乾燥しているところから、温かくて湿気の多いところまで扱う際に、さらに重要性を増します。それぞれの気候区域においてどれひとつとして同様に機能する組み立てはありません。WUFI 1Dでは、1時間ごとの気象データとその状況を元に、特定の気候において、自分の組み立てで作ることができ、いくつかの事例を比較することができます。

 

Retrofit cases pose an even more crucial need for hygrothermal assessment; in most cases, it's required for PHIUS+ Retrofit Certification. In most retrofit cases, it is impossible to create the 'perfect wall' or even sometimes to follow basic building science principles. Existing conditions can limit the variability of the assembly--sometimes sometimes designers are forced to deviate from general guidelines. Using WUFI 1D, a designer can compare and rank different options for assemblies, based on long term hygrothermal performance, in a particular climate.

 

いくつかの事例を改良することで、さらに熱湿気性状の評価がきわめて必要であるということが分かります、つまり、ほとんどの事例において、改良することがPHIUS(米国パッシブハウス研究所)+(パッシブハウス)認証のために必要なのです。多くの改良事例において、"完全なる壁"を作ることは出来ず、また時として建築物理の原理に基づくことは不可能なのです。現況によって様々な組み立てに限界が生じうることがあり、時として設計者は一般的な規範から逸脱すること余儀なくされます。WUFI 1Dを使うことで、設計者は、特定の気候において長期の熱湿気性状を元に、様々な組み立てのオプションを比較しランク付けすることができます

  

 


wufide.gif

 

 

A tremendous additional benefit to becoming familiar with WUFI 1D is that this program is tied directly into the dynamic side of WUFI Passive. The WUFI 1D preconference session provides significantly more information related to inputs for the WUFI plus side of WUFI Passive, and key abilities to analyze the results. The WUFI 1D preconference sessions will focus on these skills to a greater degree than and in greater detail than is possible in the WUFI Passive trainings, and will be extremely useful in navigating the dynamic analysis of your projects.

 

WUFI 1D(WUFI Pro)に精通することがとても有利なのは、このプログラムはWUFI Passiveの動的な側面に直接つながっている点です。WUFI 1DのPreconferenceセッションでは、WUFI PassiveのWUFIにより有利になる入力情報、そして結果を分析するのにキーとなるスキルが提供されます。そしてWUFI 1DのPreconferenceセッションでは、これらのスキルについて、WUFI Passiveの訓練で可能であるよりも、よりたくさんの、そしてより詳細に焦点を当てるつもりであり、プロジェクトのダイナミックな解析を進める上で極めて有用であろう。

 

All in all, to uphold quality assurance and quality control in PHIUS+ Certification, we analyze both the moisture and thermal performance of your project. This is the only way to ensure a durable, high performance building with superior indoor air quality.

 

品質保証とPHIUS+認定における品質管理を維持するために、すべてにおいて、我々は、プロジェクトの湿気と熱的性能の両方を分析します。それが、優れた室内空気質を持っている耐久性、高性能建築物を保障する唯一の方法なのです。

 

Consequently, we encourage you to take advantage of the WUFI 1D preconference session. The two leading experts on WUFI 1D - Achilles Karagiogis (Owens Corning) and Andre Desjarlaisa (Oak Ridge National Laboratory) - will lead the trainings. They'll provide a fundamental understanding of the building science behind hygrothermal analysis, and you'll learn how make the most of WUFI 1Ds capabilities. Both capabilities will serve you well as you design passive and other high-performance buildings.

 

結果として、私たちは、WUFI 1D(WUFI Pro) preconferenceセッションを活用することをお勧めします。二人のWUFI 1D専門家、Achilles Karagiogis (Owens Corning)とAndre Desjarlaisa (Oak Ridge National Laboratory)が指導します。彼らは熱湿気分析を背景に建築物理の基礎的な部分を理解させ、WUFI 1Dを最大限の利用する方法を教えるでしょう。両方の知識がパッシブハウスやその他の高性能建築を設計する際にとても役立つでしょう。

 

And, if you already are confident with your hygrothermal chops, consider taking the WUFI Passive workshop. Visit the conference links below for more information.

 

そして、熱湿気についての技能に自信があれば、WUFI Passiveのワークショップをお勧めします。

 


WUFI Passive_1.jpg

 

 WUFI Passive_2.jpg

 

 11月11日(月)のセミナーにおいてWUFI Passiveのデモンストレーションを行います

 

WUFI Seminar2013参加申込書.pdf

EI,Ltd. (非定常熱湿気同時移動解析プログラム”WUFI"日本代理店 イーアイ) 

WUFI Seminar2011 報告 (WUFI Seminar2011)

 

 

 

 

投稿者 日本パッシブハウスセンター :2013年10月27日

業務内容

スタッフ

学識スタッフ

シミュレーション・計算

プロジェクト

協力会社

パッケージサービス

組織案内

お問い合わせ・ご相談

rss atom

Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録


supported by ホームページリニューアルセンター