日本の気候風土にあったパッシブハウスの設計・コンサルを行います。

HOME > ニュース/プロジェクト > PHIUS(米国パッシブハウス協会)認定 パッシブハウス プロジェクト

PHIUS(米国パッシブハウス協会)認定 パッシブハウス プロジェクト

米国パッシブハウス協会(PHIUS)認定パッシブハウスの誕生

Outside-002 (640x427) (640x427) (320x214).jpg

 

LDK-001 (640x427) (320x214).jpg

2014年7月31日 弊社がコーディネートし、(株)パッシブハウスが設計監理を行ったR邸が完成しオーナーへの引き渡しを終えました。

R邸建設は、2010年にボストン在住の日本人建築家Sayo Okadaさんとのコンタクトから始まった。3年後の2013年になり具体的なプロジェクトがスタートしました。

弊社及び(株)パッシブハウスが選定された要因の一つとして米国における高性能住宅、ZEH・ZEBそしてパッシブハウスの建設において非定常熱湿気同時移動解析プログラム"WUFI"が活用され、パッシブハウス認定プログラムとしてWUFI Passiveがドイツ・フラウンホーファー建築物理研究所(IBP)と米国パッシブハウス協会(PHIUS)が共同して開発したという経緯がある。

R邸の誕生まで~用地取得から宅地造成まで

1-P1090075 (640x480) (320x240).jpg

 2-DSC_0006 (640x360) (320x180).jpg

 3-P1130659 (640x480) (320x240).jpg


オーナーとの打ち合わせ (株)パッシブハウスにて

 4-DSC_0163 (640x360) (320x180).jpg


オーナーはBostonにおける友人のSayo Okadaさんに基本設計を依頼したが、ご本人も建築について深い造詣をもち、今回の建物のインテリアを担当しました。

 

2013年7月 国際パッシブハウスセミナー

 Sayo Okadaさんは2013年7月17日に弊社が主催し、特定非営利活動法人 外断熱推進会議が後援した国際パッシブハウスセミナーにおいて米国のパッシブハウスについて日本ではじめて紹介した。5-スライド1 (640x480) (320x240).jpg

 5-スライド3 (640x480) (320x240).jpg

 6-IMG_4540 (320x211) (320x211) (320x211).jpg

 

 

7-スライド53 (640x480) (320x240).jpg

 

8-IMG_4572 (320x207) (320x207) (320x207).jpg

9-IMG_4573 (320x212) (320x212) (320x212).jpg

 

 

投稿者 日本パッシブハウスセンター :2014年8月 4日

業務内容

スタッフ

学識スタッフ

シミュレーション・計算

プロジェクト

協力会社

パッケージサービス

組織案内

お問い合わせ・ご相談

rss atom

Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録


supported by ホームページリニューアルセンター