日本の気候風土にあったパッシブハウスの設計・コンサルを行います。

HOME > Passivehouse Archive > ドイツ・パッシブハウスレポート(その2) 2008年6月

ドイツ・パッシブハウスレポート(その2) 2008年6月

昨夜(6月29日)は、サッカー UEFA ユーロ2008の決勝戦だった。ダムシュタッド 市街地の中心部に設置されたパブリックビューイングの会場にはドイツの勝利を確信 し、顔にドイツ国旗のペイントをした人々で溢れていた。

試合は、ドイツ人にとっては残念だったが、スペインがフェルナンド・トーレスの決 勝点でドイツを下し、44年ぶりにUEFA欧州選手権で優勝した。


ダルムシュタット市街地でのパブリックビューイング会場

今日は、事前にアポイントをとっていた パッシブハウス研究所を訪問する日だ。 午前9時にRheinstrase44-46のビルに着いた。 入り口に、Passive House Instituteの表示があった。


Rheinstrase44-46のビル

Passive House Instituteの表示

パッシブハウス資材の展示

あいにくファイスト博士はオーストリアの大学で 講義があるとのことで不在であった。 応対してくれたのはZeno Bastian氏、パッシブハウスの歴史、 理論、事例についてパワーポイント映像を活用して紹介してくれた。


Zeno Bastian氏

パワーポイントによるパッシブハウスの紹介

Bastian氏のプレゼンテーション中、 メンバーからの質問が相次いだ。

その都度、バウマンさんが紙に書いて解説してくれた。 質問の中で、パッシブハウスとして必要な条件として、 年間の暖房に必要なエネルギーを15 kWh/m2a 以下というのは理解できたが、暖房・給湯・家事等に 使用するエネルギー使用量を電気に換算して 120 kWh/m2aとしている根拠について 長い質疑が続いた。ドイツでは、工業規格(DIN)に より(一次)エネルギー使用量を計算する際には、 一次エネルギー係数( イーアイサイトEri通信参照)を使って計算すると言う。 実際に消費した(一次)エネルギーの量は、以下の式で計算される。

(使用したエネルギー量)×(一次エネルギー係数) =消費した一次エネルギー量

従って、電気の場合は、実際の使用量に一次エネルギー係数 「2.7」を掛けた数字となる。 使うエネルギー源によって(一次)エネルギーの量は異なるのだ。


一次エネルギー(primary energy)について説明するバウマン氏

Bastian氏のプレゼンテーションの中で、 これから日本でパッシブハウスを建設しようとしている方々に 知らせておきたい重要な話があった。 前日訪問した、ドイツで最初のパッシブハウスに暮らす ウィルマ博士は「冬は窓を開けないほうが良い、 一旦室温が下がると暖めるのが大変である。 ドイツ人は、冬でも窓をあける習慣がある」と 話していたが、パッシブハウスはその家での暮らし方が重要となる。

パッシブハウス研究所(PHI)では、 2000年のハノーバー万博のために1998年に建設された32世帯の パッシブハウスの暖房使用量調査を2001年~2002年の冬に実施した。

その結果、平均では暖房に使用するエネルギー量は 15 kWh/m2a以下であったが、家によっては 30 kWh/m2a以上エネルギーを消費している家もあった。 同じ話しをスウェーデンのハンス・エーク氏から聞いたことがある。

パッシブハウスは、断熱を厚くして、高性能な窓を装備し、 熱交換率75%以上の熱交換換気装置があればエネルギー量は15 kWh/m2a以下となるのではなく、 住み手側の知識も重要なファクターになる。

ウィルマ博士もパッシブハウスでの生活に慣れるまでに 2~3年かかったと話してくれた。


Hannover expo展示住宅

Hannover expo展示住宅(32世帯)の暖房使用量調査(2001年~2002年 冬)

Bastian氏のパッシブハウスに関するプレゼンテーションでは以下のようなことが述べられた。

  1. 断熱 壁のU値 0.15 W/m2K以下、 窓のUw値 0.8 W/m2K以下
  2. 熱橋 0.01 W/mK以下
  3. 窓ガラス 窓のUg値  0.8 W/m2K以下、熱取得 50~55%
  4. 気密 換気回数 n50 0.6/h以下
  5. 熱交換換気 熱交換率 75%以上

パッシブハウスの5つの要素

既存建築とパッシブハウスの違い

パッシブハウスの必要条件(断熱・熱橋・気密・換気)

パッシブハウスの事例

Bastian氏によれば、パッシブハウスの構造体は、 木造・メーソンリー造・RC造・メーソンリーと 木の混構造・断熱入レンガ造などで、 その用途は、個人住宅・集合住宅・病院・老健施設・ 学校・体育館・消防署など多彩である。

欧米におけるパッシブハウスのデータベース ( Detailed Search for Passive House Projects ) に事例が紹介されている。


Bastian氏とバウマン氏、山下先生、堀内 

3時間をかけた、Bastian氏のプレゼンテーションと 質疑を終えたメンバーは、 Bastian氏と別れパッシブハウスの建設現場調査に向った。

続く

投稿者 日本パッシブハウスセンター :2008年11月 6日

業務内容

スタッフ

学識スタッフ

シミュレーション・計算

プロジェクト

協力会社

パッケージサービス

組織案内

お問い合わせ・ご相談

rss atom

Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録


supported by ホームページリニューアルセンター