日本の気候風土にあったパッシブハウスの設計・コンサルを行います。

HOME > ニュース/プロジェクト > 第1回 パッシブハウス建設計画のスタート

第1回 パッシブハウス建設計画のスタート

2009年の夏、今回のジャパン・パッシブハウス プロジェクトのオーナーであり、 コーディネータのK氏より、 私が所属するNPO法人 外断熱推進会議の モデルルームとなるエコ住宅を建てたい との相談がありました。

敷地82坪、建坪40坪、2階建、RC造又は木造で計画したい。 また、100年 三世代同居住宅として、 外断熱、太陽光活用、雨水活用、屋上緑化、 長期優良住宅などを取り入れる。 既存の植栽を出来る限り残す。

計画の過程で、RC造外断熱から 木造パッシブハウスに挑戦することになりました。

計画のスタートにあたってオーナーであり、 コーディネータのK氏から弊社イーアイに 総合プロデュースの依頼がありました。

住宅の基本設計は、これまで外断熱マンションの 設計に数多く関わってきて、 夏の高気密・高断熱住宅(外断熱マンション)の設計を 理解しているハウスタイルズ(株)の一級建築士 ・石川雅規氏に依頼しました。 石川氏は、高気密・高断熱でありながら 夏の風の流れを取り入れるプランを作成しました。

また、設計にあたり、オーナーからは、 「親の代から大事に育ててきた梅の木や 既存の植栽を生かして欲しい」、 奥様からは「生活スタイルや使い勝手を重視した プランを作って欲しい」との希望を受けて、 設計プランが完成しました。


庭の植栽

40年の風雪に耐えた立派な梅の木

現在の住宅

計画中の東立面図

計画中の南立面図

基本計画:ハウスタイルズ(株)

投稿者 日本パッシブハウスセンター :2010年4月23日

業務内容

スタッフ

学識スタッフ

シミュレーション・計算

プロジェクト

協力会社

パッケージサービス

組織案内

お問い合わせ・ご相談

rss atom

Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録


supported by ホームページリニューアルセンター