日本の気候風土にあったパッシブハウスの設計・コンサルを行います。

HOME > スタッフ > スタッフからのメッセージ > パッシブハウスは簡単(今川 祐二)

パッシブハウスは簡単(今川 祐二)

省エネ住宅やパッシブハウスを造る事は簡単です。

しかし、少しコストが掛り、造る技術と造る人の信念が必要です。

この信念が大変重要で、誰にでも出来ない理由でも有ります。

私は、2003年にスウェーデンのリンドース団地で、無暖房住宅に始めて出会いました。


2003年視察のリンドース団地の無暖房住宅

その時の感動は、今でも残っています。

そして、同時に無暖房住宅を建ててみたいと思いました。

そして、5年が経過し、そのチャンスが来ました。

5年の経過中に、スウェーデンの無暖房住宅で見た事や知りえた知識は、出来るだけ実践してきました。

そして、その性能の向上に自身も驚き、確かな感触も実感してきました。


Q0.8の家、気密測定では、無暖房住宅の2倍の数値が出た。

そうした体験と知識の裏づけがあり、今、パッシブハウスは簡単に出来ると思う様に成ったのです。

パッシブハウスの基本は、建物外郭性能の確保です。

簡単に言うと、超高断熱です。

壁の断熱厚さは、450 mm以上必要です。

窓の性能は、U値0.8~0.7W/m2・K以上が必要です。

ドアも2重にして、U値0.8W/m2・K以上が必要です。

床は、土間床で地盤面からの熱橋対策が必要です。

屋根の高断熱化は勿論ですが、夏の日射対策の為、深い庇が必要です。

その他、各窓の日射対策も必要です。

夏の換気対策上、窓の配置も考えなくては成りません。

そして、重要な要素に、換気が有ります。

換気は、熱交換換気装置が必要です。

この熱交換換気装置が曲者で、日本国内には性能通りの製品が有りません。

本物の熱交換換気装置を確保する事が必要です。

以上の様に、必要ですを列記しまたが、この必要ですが出来ると、パッシブハウスも無暖房住宅も建設可能に成ります。

『何だ、簡単ではないではないか』の声が聞こえてきますね。

でも、必要をクリアーした人達には、もう簡単の領域なのです。

この記載を読んで、パッシブハウスや無暖房住宅を建設したいと思いますか?

そんな事、無理だとか、そんなにハードルが多いのかと思われた方は、出来ないでしょうね。

日本の様に、国の支援が無い状況では、益々ハードルが高く成ります。

ですから、信念を持って取組まないと、出来ないのです。

パッシブハウスや無暖房住宅の建設は、最後は信念を貫く事で成し得る事なのです。

そして、信念を持った人達に取っては、簡単と言えるのです。

そうした人達が、日本パッシブハウスセンターに参加しています。

無暖房住宅・パッシブハウス・RC外断熱工法の(株)今川 建築設計監理事務所サイトより転載

今川 祐二

投稿者 日本パッシブハウスセンター :2008年11月10日

業務内容

スタッフ

学識スタッフ

シミュレーション・計算

プロジェクト

協力会社

パッケージサービス

組織案内

お問い合わせ・ご相談

rss atom

Yahoo!ブックマークに登録 Yahoo!ブックマークに登録


supported by ホームページリニューアルセンター